FXのデメリットとはどのようなことか

FXとは、日本円とは違う外国の通貨を売買して利益をだす取引方法のことを言います。
例えば1ドル100円の時に10万円で1000ドル購入したとします。
それが円安で1ドル110円になったら手持ちの1000ドルが11万円になるので1万円得をします。
反対に円高で1ドル90円になったときは1万円損をします。
例えば日本円と米ドルとの通過取引を利用して利益を得ようとする方法です。
為替レートの差額でも設けたり損をしたりする取引方法のことを言うのです。
二つの通過間の取引には良いこともあれば悪いこともあります。
取引でのデメリットは特に取引を始める前にはしっかりと知っておく必要があります。
いくつかのデメリットを挙げてみましょう。
まずFX取引は、証券取引を行う証券会社を通じて通過の売買を行います。
この証券会社が取引をしている最中に倒産をしてしまったというようなケースがあります。
このようなときには預けた資産がマレに帰ってこないケースがあるのです。
今はだいたいの証券会社が保証をもうけているので、倒産しても保証金など預けたお金が戻ってくる保証がほとんどの証券会社でありますが、すべてのケースにおいて戻ってくるとは限らないので注意が必要です。
そして、天災やテロなど予想もしないような現象に当たってしまった場合であっても保証がされていないので預けていたお金が戻らない場合があるのです。
手元に預けたお金が返ってこないというのがFXにはあるのでデメリットをしっかりと把握する必要があります。

あなたにベストな人気FX会社は? is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme